3Dスキャナーを使用したインペラーのリバースエンジニアリング高速化

 

 

現代の製造技術と製品設計の絶え間ない向上に伴い、製品の複雑化・精密化にも拍車がかかり、手作業による測定はより困難になりつつあります。
特に、複雑な構造や細部を持つ部品の場合、手作業での測定では誤差が生じやすく、完全で正確な3Dデータを得ることができません。

近年、3Dスキャン技術は様々な分野で広く利用されています。
3Dスキャナーは、高精度、高速、シンプルな操作性、持ち運びが簡単などの特徴があり、多くのユーザーに支持されています。

 

複雑な対象物の3Dデータ取得の難しさ

市販の3Dスキャナーには様々なものがあります。
一般的に3Dスキャナーは特徴のない物体を扱うことはできますが、穴、死角、複雑な表面などの特徴を持つ物体の3D検査を行うことは困難です。
インペラーのような複雑な形状の対象物をスキャンする場合、どのような3Dスキャナーであれば十分だと言えるでしょうか。

 

お客様のニーズは?

メーカーは、正確な3Dデータに基づいて製品開発を最適化し、偏差をなくしたいと考えています。
リバースエンジニアリングはハードウェアの解析に用いられますが、その主な目的は、必要な生産情報を簡単に得ることができない場合に完成品から直接、設計原理を分析することです。

 

SCANTECH 3Dソリューション

インペラーは通常、隙間が狭く設計されているため、様々な角度から3D測定を行い、完全な3Dデータを取得するための障害となっています。
高精度なPRINCE 3Dスキャナーは、赤と青のレーザースキャンモードを備えています。
それによって、製品開発、リバースエンジニアリング、品質管理、リバースエンジニアリングなどに幅広く活用されています。

この3Dレーザースキャナーの特徴としては以下のようなものがあります。

・大きなものから小さなものまで、コイン1枚でも簡単にスキャン可能
・0.020mmの分解能
・2つのスキャンモードを迅速に切り替え可能
・1本のレッドレーザーラインで深い穴をスキャン
・環境に左右されない

 

事例分析

1. 高精度な3Dスキャンを行い、3Dデータを取得します

 

 

2. 3Dデータをインポートし、インペラー底面の輪郭をインターセプトする

 

3. 底面の輪郭を描く

 

4. 回転させてCADモデルを作成

 

5. ブレードの分割と面付け

 

 

6. ブレードの輪郭を回転投影でカット

 

7. ブレードの輪郭を描く

 

8. 1枚のブレードのCADモデルを作成

 

9. 円回転による完全なブレードCADモデルの作成

 

10. 完成した3Dモデルの取得

 

PRINCE 3Dスキャナーは、複雑な物体の深い穴やアクセスできない部分などの3Dデータを高速でスキャンします。
3Dスキャン技術を活用することで、メーカーは研究開発の流れを加速させ、製品の品質を向上させることができます。