航空宇宙産業における3Dスキャナーの活用

SCANTECHは、航空宇宙産業のお客様に世界をリードする3Dデジタルソリューションを提供し、 製造効率に破壊的な改善をもたらします。

航空宇宙製造において3Dスキャンが重要な理由

航空機製造において、3D検査は開発、設計、製造、組立、試験、MRO(Maintenance Repair and Operations)に広く応用されており、各手順にこれまでにない効率性をもたらしています。 SCANTECHの世界をリードする3D計測技術は、航空機メーカーに包括的な3Dソリューションを提供し、難題を克服します。

航空宇宙製造における3Dスキャンと3D検査

SCANTECHの3D計測技術は、非破壊検査において真の力を発揮します。 3Dレーザースキャニングは、接触測定に比べて、フル3Dデータの取り込みが非常に速く、柔軟性に富んでいます。 複雑な曲面、タービンブレード、デッドアングルなど、従来のソリューションでは困難であった3Dデータも、簡単に取得することができます。 ハンドヘルド3Dスキャナーは、航空機の部品を機械的に摩耗させることなく完全な3Dデータを取得し、偏差カラーマップを取得することができます。 これは、最適な修正計画を提供し、人件費を合理化するための効率的な方法です。

3Dスキャン – FEA/CFD

航空機の研究開発段階では、3Dスキャンによる様々な部品のコンピュータシミュレーションを行うことができます。 SCANTECHの計測器グレードの3Dスキャナーは、実物のCFD解析モデルを取得することができるほか、軽量化された構造物の変形条件を測定・検証することで、より迅速な最適化を実現しています。

風洞試験

風洞試験の間、3Dスキャンは、データの精度を確保するために、スケールダウンされた3Dモデルと実際の航空機との間の偏差を取得します。

構造設計 – リバースエンジニアリング

機体全体を3Dスキャンすることで、正確な3Dデータを取得し、CADモデルを作成します。 機体や装備されている設備の寸法は、さらなる開発や設計のために完全に再構築されます。 SCANTECHは、低コストで最先端の技術を駆使した信頼性の高い3Dデジタルソリューションを提供しています。

品質管理 – バーチャルアセンブリ

3Dスキャンで得られた3Dモデルは、組立設計の正しさや3D可視化による操作性、空間的な相互作用などを検証できる仮想組立に適用することができます。 SCANTECHの3Dスキャナーは、バーチャルアセンブリのためのプロフェッショナルな3Dデジタルサポートを提供しており、組み立て中の問題点をタイムリーに発見し、モデルを修正するのに便利です。 そのため、製品開発やライフサイクルにおける品質管理のワークフローを高度に合理化することができます。

修理とメンテナンス

メンテナンスや修理は、製品サイクルにとって非常に重要です。高精度な3D測定技術は、安全性を確実に保証します。
SCANTECHの3D計測ソリューションがサポートします。 ・摩耗と引裂きの分析 ・修繕工事の点検 ・損傷/準備された表面の3D測定
PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。