製造業

3Dスキャンは製品を改善し続け、その品質を利益に結びつけます。

3Dスキャンで優れた製品を生み出し続ける

3D計測技術は、機械製造業における幅広い応用範囲を持ち、その発展のための様々な3Dソリューションを提供しています。
製品設計と最適化、FAI、組立解析、品質管理、シミュレーションのようなワークフローは、3Dスキャニングによって非常に効果的になります。
このように、3Dスキャンは製造業の企業にとって非常に大きなアドバンテージとなります。

SCANTECHは、機械分野での豊富な経験を持ち、様々な機械部品や検査要件に対応した製品やソリューションをカスタマイズしています。
機械製造メーカーが、より効率的に生産要求を実現するためのお手伝いに専念します。

3D検査

SCANTECHの3D計測技術は、非破壊検査を実現します。

接触測定に比べ、3Dレーザースキャニングはフル3Dデータの取り込みが可能で、より高速で柔軟性に富んでいます。
従来のソリューションでは困難であった複雑な曲面、同軸度、円筒度の3Dデータも簡単に取得することができます。
ハンドヘルド3Dスキャナは、航空機の部品を機械的に摩耗させることなく完全な3Dデータを取得し、偏差カラーマップを取得することができます。
これは、最適な改造計画を提供し、人件費を合理化するための効率的な方法です。

リバースエンジニアリング

機械製品のリバースエンジニアリングのために、SCANTECHハンドヘルド3Dスキャナーは、高精度の3Dデータを取得することができます。
3Dレーザースキャナーの精度は最大0.03mmまで可能で、より正確なリバースモデリングを実現し、機械製造メーカーの開発コストの削減と開発サイクルの短縮を実現します。

メンテナンス

機械製品の製造や応用では、機械的な摩耗は避けられません。
小さな部品でも大きな損失が発生するため、製品のメンテナンスは欠かせません。
HSCAN、PRINCE、AXEの3Dスキャナーは、機械製品の3Dデータを正確に取得することができ、3Dデータをもとに摩耗箇所を正確に見つけ出し、製品のメンテナンス方法をよりよく理解することができます。

金型検査

金型は機械的な摩耗により定期的に修理が必要ですが、どこをどのように修理すればいいのでしょうか?
PRINCE、HSCAN、AXEの3Dスキャナーは、金型全体の3Dデータを素早く取得し、3Dデータと原図を比較してカラーマップを取得することができます。
これらの正確な測定データは、金型のメンテナンスのための強固な基盤を構築します。

PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。