3Dスキャンを用いた文化財の3Dデータ化

3D人類文明のデジタル遺産

3Dデジタル技術が人類の文明を受け継ぐ

3Dデジタル化は、文化財の保護と修復、デジタル博物館の建設、手工芸品のデザインなどにますます利用されています。 3Dスキャンは、3Dデータを再構築するための現段階における最速の方法です。 3Dスキャナーは、ユーザーフレンドリーで非常に携帯性に優れています。 文化財、彫刻、美術品などの3Dデータを簡単に取得することができます。 SCANTECH iReal 2Eカラー3Dスキャナーは、文化芸術や彫刻作品の分野のアーティストのために特別に設計されています。 マーカーを使用せずに非常にスムーズな3Dスキャンを行い、ディテールに富んだ非常にリアルな3Dカラーモデルを高精度で生成します。 3Dスキャン技術は、非常に速い測定速度と正確なキャプチャ能力を有しています。 様々な方向から十分かつ正確な3Dデータを取得することができ、偶発的な損傷を受けた文化遺物の修復に貢献します。 専門家はコンピュータを使って文化財を仮想的に復元することができ、3Dモデルを使って研究の補助をすることができます。 3Dスキャンだけではなく、3Dプリントは文化遺物の展示とシミュレーションにも貢献しています。 これにより、人々は文化遺物を知り、人類の歴史をより深く理解することができます。

文化財

– 文化財の保護と修復 – 文化財の3Dデータアーカイブ – バーチャルミュージアムの構築

彫刻

-工程構造解析 -二次開発設計 -3Dでの視覚化
PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。