わずか570gの工業測定用3Dスキャナー

SIMSCAN(シムスキャン)

SIMSCANの仕様

モデル SIMSCAN (シムスキャン )
スキャンタイプ ハンドヘルド(ハンディー型)
スキャンモード 高速スキャン 22本クロスブルーレーザー
高解像度スキャン 7本平行ブルーレーザー
ディープホールスキャン 1本ブルーレーザー
レーザー本数合計 30本
最大精度※ 0.020 mm
最大スキャン速度 2,020,000 点 / 秒
最大スキャン範囲 410 mm x 400 mm
レーザークラス CLASS II(目に安全)
最大解像度 0.025 mm
体積精度※ 標準 0.020 mm + 0.040 mm / m
MSCAN-L15写真測量装置併用 0.020 mm + 0.015 mm / m
焦点距離 300 mm
被写界深度 250 mm
出力形式 pj3, asc, igs, txt, mk2, umk, stl, ply, obj
出力フォーマット pj3, pjs, asc, igs,txt, mk2, umk, refxml, stl, ply, step
動作温度範囲 -10~40 ℃
推奨PCスペック CPU:Intel Xeon W-10885M @ 2.40GH / GPC : NVIDIA Quadro RTX 3000 , Independent 6(NVIDIAのみ対応)
RAM:32G DDR4 3200MH / OS:Windows10
インターフェース USB 3.0
本体サイズ 203 mm x 80 mm x 44 mm
本体重量 570 g
特許 CN204329903U, CN104501740B, CN204854633U, CN204944431U, CN204902788U, CN105068384B,
CN105049664B, CN204902784U, CN204902785U, CN106403845B, CN110030946B, CN111833392A,
CN212300269U, CN211904059U, CN211696268U, CN306053019S, CN212606697U, CN111932465A,
CN111694665A, CN306321502S

※VDI/VDE 2634パート2規格に基づいています。

3Dプリンターは製造業の現場に少しずつ導入されるようになりました。
それに伴って、3Dスキャナーの需要が高まっています。

しかし、3Dスキャナーを導入してみたものの、
・3Dスキャナーの重量が1㎏前後あるため、長期間使用すると疲れる
・3Dスキャン速度が遅い
・測定からファイル変換に至るまで物凄く時間がかかる

こういったことで、お悩みではないでしょうか?

これらのお悩みを解決する工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」の大きな特徴7つは以下の通りです。

「SIMSCAN」7つの特徴

軽量で携帯性抜群

SIMSCANの重量はわずか570gと、ハンディ3Dスキャナーの中でも最軽量クラスの軽さとなっています。また、サイズも203×80×44mmと、500mlペットボトルサイズの大きさなので、片手で使用できます。
専用ケースも付属されており、持ち運びもしやすいため、様々なモノづくりの現場で使用されています。

狭い場所でも測定可能

従来の工業用3Dスキャナーでは狭いエリアや構造物の裏側や死角などのスキャンは困難でした。しかし、SIMSCANは手持ち式で小型サイズになったため、測定が難しいエリアでのスキャンが可能となり、構造物の隅々までデータを所得できるようになりました。

ワークフローの効率化

SIMSCANは202万点/秒のスキャンスピードで測定し、スキャンデータは瞬時にメッシュデータに変換。さらに、データの取得が完了すれば、CADソフトやリバースエンジニアリングソフトにすぐにインポートすることができるため、測定からファイル変換までの一連の流れを効率化することができます。

高精度3Dスキャン

最大0.020mmの精度、最大0.025mmの解像度と、高い再現性を誇るため、
検査およびリバースエンジニアリングなどのニーズに対応しています。

・最高精度:0.020mm
・容積精度:0.020mm+0.040mm/m
・解像度:0.025mm

幅広いサイズに対応

SIMSCANはスキャン範囲が410×400mmあり、広範囲なエリアを測定することができます。また、11本の青色クロスレーザーと単一の青色レーザー(ディープホールモード)、さらに、7本の平行青色レーザーが搭載されており、高解像度な測定ができます。そのため、ディテールの細かい小さな造形物から大型な造形物まで正確かつ高解像度なスキャン結果が得られます。

スプレーなしで光沢物をスキャン

既存の非接触式の3Dスキャナーは、光沢のある対象物や黒い対象物をスキャンする場合は粉末スプレーを塗布して、計測する必要がありました。
ですが、SIMSCANを使えば、粉末スプレーなしでスキャンできるので、測定作業を効率化することができます。

ユーザーフレンドリーなデザイン

人間工学に基づいたデザインのため、手のひらに収まりやすく、操作がしやすいシンプルな仕様となっています。
また、航空宇宙産業で使われているフルメタルシェルを採用しているため、堅牢な製品となっています。

本体構造

LED照明 モノクロカメラ レーザーモジュール モノクロカメラ コントローラー 焦点距離ランプ 電源コード USB3.0
PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。