金型

高精度3Dスキャンで金型検査の効率化を実現。

高精度3Dスキャンで金型の3D検査効率を向上

SCANTECHは、より高度な3Dソリューション技術により、金型製造の分野でますます重要な役割を果たしています。
3Dスキャナーは、その高精度、高速、携帯性の高さから、金型修理、3D検査、設計の分野で大きなウェイトを占めています。

金型修理

金型の大量生産では、通常、擦り傷やズレが発生します。
メーカーは3Dスキャンで金型を定期的に測定し、3DモデルとオリジナルCADを比較することができます。
そうすることで、擦り傷の位置を調べたり、偏差値を求めたりすることができます。
3Dスキャンは金型修理の工程を効率化し、金型製作時のミスを簡単に減らすことができます。

金型の3D検査

金型の品質評価には、FAI(初回製品検査)と品質管理が含まれます。
3Dスキャナーは、金型メーカーが成形段階で迅速な品質評価を行うための手助けとなります。
SCANTECH 3DソフトウェアScanViewerは、3DモデルとオリジナルCADを比較することで、偏差補正のための正確なデータをサポートします。

金型設計

3Dスキャンによって、金型のCADモデルを素早く生成し、二次開発や金型の最適化を容易にします。
また、必然的な金型変更を回避し、納期を短縮し、金型設計の効率を大幅に向上させることができます。

金型データベース構築

3Dスキャンにより、金型の3Dデータをデータベースに格納することができます。
金型データベースは、製品のデータ、工程データ、図面、文書などを効果的に管理し、3Dデータの共有や検索も便利に行えます。

PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。