自動車産業における3Dスキャナーの活用

3Dスキャンは自動車製造のあらゆる側面に浸透しています。

3Dスキャンが自動車製造のあらゆる面に浸透

競争の激しい自動車製造市場において、3Dスキャニングはどのようにして自動車メーカーを際立たせることができるのでしょうか? 開発コストの削減、差別化されたデザイン、厳格な品質管理は、自動車メーカーの大きな戦略目標に影響を与える重要な要素です。 SCANTECHは長年に渡って、自動車製造業界で豊富な経験を積んできました。 自動車メーカーをはじめとする自動車製造業のあらゆる分野に、プロフェッショナルで包括的な計測グレードの3Dソリューションを提供しています。 先進的な3Dレーザースキャナーは、ワークピースの3Dデータを迅速かつ簡単に取得することができます。 リバースデザインによって製品の外観を再設計し、再シェイプするのは便利です。 このような時間短縮の方法は、製品開発サイクルを大幅に加速します。 品質管理のために、SCANTECHハンドヘルド3Dレーザースキャナーは、エンジン、トランスミッション、ステアリングギアなどの主要部品を検出し、比較することができます。 生産工程での偏差を正確に取得し、高度な3D測定技術で高精度を実現することができます。
<<【導入事例】テスラ自動車1台分を丸ごとスキャン

品質管理

3次元データとCAD原図を比較することで、各位置の偏差を容易に求めることができ、複雑な形状や曲面の寸法検出に大きな利便性をもたらします。 また、データフィッティングは、同軸度、穴ピッチ、組立クリアランス、2次元寸法などのデータ取得にも貢献します。

仮想アセンブリ

3Dスキャンによるアセンブリで、完全な高精度3Dモデルを得ることができます。 アセンブリは、アセンブリの結果と分析を取得するために簡単に、専用の3Dソフトウェアを介してシミュレートすることができます。 仮想アセンブリが失敗した場合、アセンブリは後で偏差データに基づいて改善することができます。

リバースエンジニアリング

3Dスキャナーは、物体の超高3Dデータを取得することができます。 3Dデータを3Dモデリングソフトに送信すると、形状設計のためのデータサポートが得られ、人工的なマッピングの時間を極端に短縮することができます。 また、3Dレーザースキャナーの精度は0.03mmまで可能で、より正確なリバースエンジニアリングが可能となり、自動車メーカーの開発コストを節約し、開発サイクルを短縮することができます。

モーション解析

3Dレーザースキャナーを使用して、自動車のドアやトランクの発進・停止時の3Dスキャンを行うと、異なる運動条件での構造関係が得られ、その後の構造解析や寸法設計が正確な3Dデータを得ることができます。
PAGE TOP

    ※「SK0」から始まる番号です。
    ※折り返しメールにてご連絡いたします。